読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Grani Engineering Blog

株式会社グラニはC#を中心として、ASP.NET、Unity、VR開発を行っています。

Room-Scale Mobile VR の可能性

2017/1/5 ~ 2017/1/8 に米国ラスベガスにて開催された CES 2017。世界最大の家電見本市と言うのは本当で、非常に多くの製品やデバイスの展示がなされていました。その中でも特に気になったもののひとつが Room-Scale Mobile VR として LYRobotix が展示していた NOLO です。

https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/15875395_356429498070344_1314860561549668494_o.jpg?oh=089c66c262632114f62da4a5ab39926d&oe=591873FC 画像出展 : NOLO Facebook 公式

特徴

これまでルームスケールで VR を実現するには HTC Vive や Oculus Rift のように専用のトラッキングセンサーが必要で、Daydream や Gear VR のようなモバイル VR では実現されていませんでした。しかし、この NOLO を利用すればモバイル VR を手軽にルームスケール化することができるようになります。

  • 6 軸モーショントラッキングが可能
  • ワイヤレス *1
  • 低レンテンシ *2
  • バッテリー寿命が長い
  • センサー/コントローラーが非常にコンパクト (= 手軽に持ち運びできる)
  • 奥行 6 m くらいまでトラッキングできる *3
  • 希望小売価格 $149 と安価 *4

デモ動画

公開されているデモ動画では PC と有線接続されていますが、これはプレイ画面の出力のためのようで、プレイするだけならワイヤレスで実現可能とのことです。センサーの小ささや着脱の容易さが伺えます。

ブース体験

CES 2017 のブースでは Google の Tilt Brush をプレイすることができました*5。低レイテンシと謳いつつも体感としてはかなり問題がありましたが、説明員によると「会場の Wi-Fi 環境が非常に悪いため」とのことでした。

https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/15871717_356881781358449_2791179951162430403_n.jpg?oh=8f71456132efd191845b0bd41f554b97&oe=591B8F04 画像出展 : NOLO Facebook 公式

まとめ

スマホと NOLO だけ持って出かければ、どこでもカジュアルにルームスケール VR 体験ができる。そんな未来が本当にすぐそこまで来ているのだ素直に感じました。どの程度相互干渉があるのかが不明だったりブース体験でのレイテンシ問題などまだ課題はあるかもしれませんが、今後十分注目してよい領域なのではないかと思いますし、NOLO の体験によって今後のモバイル VR への期待感が高まりました。

*1:程度は不明。

*2:程度は不明。

*3:ブースで CEO から受けた説明による。公式サイトでは 13 ft (= 3.9 m) で記載されている。

*4:先着 100 人限定で $89 で販売予定。

*5:Tilt Brush は HTC Vive にしか対応していないはずだが実際にプレイできた。本体 PC の画像を飛ばしているだけなのかは未確認。

CES で出展されていた AR メガネから感じる AR の未来

年始の 2017/1/5 ~ 2017/1/8 に米国ラスベガスで開催された CES 2017 では、前回に引き続き今回も VR / AR が一大トピックとして取り上げられていました。個人的に注目していた AR 分野ではメガネ型デバイスが多くブース展示されていました。その中でも特に良い出来だと感じたものが Osterhout Design Group (以下 ODG) の R-8 / R-9 です。

http://www.osterhoutgroup.com/img/product/r9_side.jpg ※画像出展 : ODG R-9 公式

スペック概要

R-8 / R-9 は透過型のスマートグラスで、仕様上の性能が高く目を見張るものがあります。

  • Qualcomm Snapdragon 805 2.7GHz Quad-Core Processor (CPU)
  • GPS / Glonass (位置検出)
  • 6 軸トラッキング (向き検出)
  • Android ベースの Reticle OS を搭載
  • 通常の Android アプリも必要
  • 明るさの自動調整
  • Bluetooth 5.0 / Wi-Fi 802.11ac / USB Type-C による外部アクセサリ接続
  • 高フレームレートカメラ
  • デュアルマイク
  • 指向性スピーカー
内容 R-8 R-9
視野角 40°以上 50°以上
重さ 約 127g 約 184g
解像度 720px 1080px
記憶容量 64 GB 128 GB
価格 $1,000 以下 約 $1,800
出荷予定時期 2017 年内 2017 Q2

入力はメガネのツルの部分にあるタッチセンサーで行えるほか、スマホアプリやキーボード、マウスなどと無線接続して行うこともできるそうです。

Microsoft HoloLens との比較

以下の動画では ODG AR メガネと HoloLens での見え方の違いを比較していますが、全く引けを取らない美しさやパフォーマンスが見て取れます。ただし、CES 2017 のブース展示で見た範囲では綺麗に表示されているが周辺を暗くし過ぎて (= サングラス具合がキツくて) 回りが見づらいというのは感じました。

ODG AR メガネは HoloLens に比べて小さく軽量という大きなメリットがあります。対して HoloLens は空間認識ができ、モーションによるインタラクティブな操作ができます。また Full Windows 10 が動作するため、Windows エコシステムをそのまま利用できる圧倒的な強みがあります。Reticle OS がどこまでできるのかは見極めていく必要がありますが、Android ベースでかつ外部アクセサリと連携が可能というだけでも期待できるデバイスのひとつなのではないかと思います。

まとめ

ODG AR メガネ、HoloLens などのデバイスはそれ単体でどうこうと言うよりも、外部のデバイス / AI / Bot / Drone などとの連携によってよりパワーを発揮するのだと考えています。そのような連携を支える基盤となり、かつ単体での描画性能も正統に進化してきているというのを CES 2017 で感じることができました。